幼い頃から学ぶ英語|小学生から語学学習させておこう

英語力は欠かせません

教室

いつから入学するのか

インターナショナルスクールは、多くの方がイメージするのが芸能人や有名人、お金持ちの子供が通うところというものではないでしょうか。テレビなどでその様な話を聞くことが多いですが、実際に入学することは想像よりも難しいのです。まず、インターナショナルスクールは、日本の考え方では小学校、中学校、高校に分けることができます。高校については、その運営母体によって設置していないこともありますので、インターナショナルスクール選びでは必ず確認しておきましょう。入学にあたっては、小学校からインターナショナルスクールに入学する場合と、それ以前のプリスクールと言われる、日本でいえば幼稚園や保育園の段階から関わり始める方法が一般的です。

入学方法や条件は

インターナショナルスクールへの入学は、希望者の増加に伴って入学条件が厳しくなっているところもあります。具体的には、子ども本人が英語を話すことができるのはもちろん、両親のどちらかがネイティブ並みの英語力を求められるケースが多いです。子どもは、英語が理解できないと授業についていけないために英語力が必須ですし、両親の英語力については、学校とのやりとりがあるためです。日本にあるインターナショナルスクールでも、基本的に家庭への文書ややり取りは英語になることがほとんどなので、それらを理解できなければ困るためです。国際的な感覚を磨き、完璧な英語力を身につけられるインターナショナルスクールですので、これらのことを踏まえて準備を進めましょう。